Segwitのメリット(トランザクションサイズの縮小)が出るには、やはり、ウォレットや取引所がSegwit対応にアップデートする必要がありそうです。

現状は、ハードウォレットのLedgerが対応完了、Erectrmが近日対応(?)くらいのようで、他のウォレットは対応時期の情報は見つけられませんでした。

ビットコインのアドレスは、現在1始まりですが、Segwitに対応したウォレットは、アドレスの始まりの文字が変わるようです。

・3始まり・・・互換性はあるが、ブロックサイズはある程度しか小さくならない。

・bc1始まりのアドレス・・・Segwitに完全対応のアドレスで互換性が無いが、ブロックサイズがばっちり小さくなる。

今現在(2017/8/27 13:10)のブロック内のトランザクションを見ると3始まりのアドレスがちらほらある程度なので、まだまだですね。

(参考:https://blockchain.info/ja/block/0000000000000000002c61845651fb2b2caa29b436421c2efe93423919d7df14

今後、

  1. 主要なウォレット、取引所のアドレスが3始まりになって広まっていき、
  2. Segwitのメリット(ブロックサイズ縮小・取引手数料が下がる)がある程度出て、
  3. もうみんなbc1始まりに対応している状態になったな、という状態になったら
  4. bc1始まりが標準になって、Segwitのメリットがもっと出る。

という流れになるのかなと思います。

ウォレットによっては、オプションで選択式になるかもしれませんね。

UASFであれだけSegwitを押したんだから、支持されていた「User」側の取引所さんとか、ウォレットさんはなるべく早く対応してほしいところです。

(2017/8/28追記:bitFlyerは、アドレスが3始まりになっていました!他の取引所も対応されているのかもしれません。)